リハビリテーションのご案内

リハビリテーションとは

リハビリテーション(rehabilitation)とは、re「再び」、habilitate「適合した、ふさわしい」という意味です。機能回復のみに限らず、障害によって身体的、社会的に不利になった場合に、その人らしい生活を取り戻し、地域社会へ参加できるように、支援し、社会に再び適合させていく活動がリハビリテーションといえます。

当院におけるリハビリテーションは、急性期から終末期まで幅広く対応し、特に在宅復帰へ向けて、充実したサービスが提供できるよう取り組んでいます。

リハビリテーション部門の基本方針

⇒ 急性期後の患者受け入れと在宅復帰支援、回復期・維持期への橋渡し的役割
⇒ 在宅生活を送っている方で、日常生活動作(ADL)が低下した際の在宅生活支援

リハビリテーション体制

【急性期のリハビリテーション】

発症当日、または数日以内に早期回復、早期離床をめざして、リハビリを行っていきます。手術や疾患によって低下した身体的精神的機能の回復をめざした機能訓練を中心に、能力障害に対する基本動作訓練や日常動作訓練を行い、社会・自宅復帰へのお手伝いをさせていただきます。

また、同法人内には回復期リハビリテーション病院として関西リハビリテーション病院があり、時間・情報などの点で継ぎ目のない連携が可能です。

関西リハビリテーション病院ホームページ


【急性期後の回復過程にあるリハビリテーション】 

 急性期の治療を終えた後、日常生活に関わる動作能力の向上を図り、早期に機能回復と家庭復帰できることを目的に、歩行、食事、排泄、更衣などの日常生活訓練、嚥下、高次脳機能訓練などのリハビリテーションを提供しています。

当院から退院し、家庭復帰する際には、介助方法の指導、訪問リハビリへの引き継ぎ、ケアマネと連携し住宅改修や環境設定などのアドバイスを行ない、ご本人、ご家族さまにとってより良い生活を送れるよう支援しています。また、訪問リハビリステーションとして、篤友会リハビリテーションクリニック、坂本診療所があり、時間・情報などの点で継ぎ目のない連携が可能です。

篤友会リハビリテーションクリニックホームページ
坂本診療所ホームページ

 

 

【維持期のリハビリテーション】 

 回復期リハビリを終了し、重症で医学的管理が必要で、自宅退院の難しい療養病床の患者さまを対象にリハビリを行っていきます。同法人内には療養病院として坂本病院があります。回復した機能の維持や長期の臥床(寝たきり)など活動量の低下による、身体が硬くなるなどの廃用症候群の予防を行います。

また、坂本病院への入院を希望されている場合など、療養病院への橋渡し的な役割を担っています。

坂本病院ホームページ

 

入院されている方には

在宅サービスを利用されている方には

レスパイト入院について

大阪大学医学部附属病院 疼痛医療センター入院プログラムについて

 

施設基準

〇 脳血管Ⅱ:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など

〇 運動器Ⅰ:上・下肢の複合損傷、脊椎損傷による四肢麻痺その他の急性発症した運動器疾患又はその手術後の患者など

〇 呼吸器Ⅰ:肺炎、無気肺、その他の急性発症した呼吸器疾患の患者など

スタッフ・各科紹介

平成28年度6月現在
 

 

 

 

 

 

● 入院リハビリ 8名

(理学療法士6名、作業療法士1名、言語聴覚療法士1名)

● 訪問リハビリ 6名

(理学療法士4名、作業療法士1名、言語聴覚療法士1名)

 

入院リハビリ紹介

訪問リハビリ紹介

 

当院リハビリテーション部門の目指す道

地域に根差した病院として、

住み慣れた家で自分らしく生活できるよう援助いたします。

在宅医療で苦労されていますご家族の負担を軽減できるよう援助いたします。

住み慣れた地域や自宅に居住する方々に対し、必要な医療・リハビリ・生活支援を継続的・包括的に提供する場所となれるよう努力していきます。