糖尿病の診断基準

糖尿病の診断基準について

糖尿病の診断方法はいくつかありますが、基本は糖負荷試験
(75gのブドウ糖を経口摂取する方法)です。
この試験から2時間血糖値が200mg/dlを越えれば糖尿病型です。
糖尿病型の人に糖尿病の症状(多尿、口渇、多飲)がみられれば糖尿病と診断できます。

簡便法として、糖負荷試験で2時間血糖値が200mg以上、
または空腹時血糖値126mg/dl以上、
または随時血糖値200mg/dl以上の上記の3つのうちの1つと、
HbA1c 6.1%以上で症状があれば
糖尿病と診断します。

また、糖尿病性網膜症だけで糖尿病と診断できます。
糖尿病以外では網膜症を発症することがないからです。
できるかぎり糖負荷試験を行い、確実な診断をすることが大切です。

戻る次へ