ニューストピックス

集学的痛みセンター開設のお知らせ

2017年9月15日

千里山病院では2015年から大阪大学医学部附属病院疼痛医療センターと協力して、慢性の痛みで苦しんでいる患者さんに短期間の入院によるリハビリ治療に取り組んでまいりました。

「集学的治療」といって、医師だけではなく理学療法士、作業療法士、臨床心理士などが積極的に係わります。このような痛みに対する集学的なリハビリ治療は、日本ではあまり行われてきませんでしたが、外国では効果があることが知られていて広く行われています。

この度、千里山病院では慢性の痛みで悩まれている患者さんを対象に新たに外来を開いて、従来からの入院治療とあわせた集学的痛みセンターを開設することになりましたのでご紹介いたします。

開始日:2017年10月2日(月)より 毎週月曜日 13:00~16:00(祝日の場合は休診)

 

【医師】

柴田政彦(大阪大学大学院医学系研究科疼痛医学寄附講座教授)

高橋紀代(篤友会千里山病院 リハビリテーション科医)

【療法士】

丸山伸廣 元野耕平 中原理

【臨床心理士】

安達友紀 榎本聖香